|

ネットとリアルの融合|とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険|上野 直昭

とれたて!損害保険

Check

ネットとリアルの融合

「仮想敵はインターネット企業。」

伊藤忠商事は決算会見の際、デジタル時代は海外勢などが台頭し、巨額を出資した中国企業との相乗効果を出すことも課題のなかで、アパレルや食品など生活消費分野でネットとリアルの融合を急ぐと発表しました。

 

伊藤忠商事は18年3月期の連結純利益が過去最高の4003億円になりましたが、浮かれることなく、次の布石を打つとして、20年度までの中期経営計画ではビジョンとして「次世代商人」と銘打った施策に入ったと説明しました。

 

その一つが、4月に発表されたユニー・ファミリーマートホールディングスの子会社化。

子会社化に1200億円を投じ、ファミマなどで使える電子決済用のポイントを作り、データ主導の事業モデルを目指すとしています。

決算記者会見で伊藤忠商事トップは「実はネット企業がファミマを狙っていた」と明かし、リアル店舗の価値に気づいて参入しようとしたネット大手を止めるかたちでファミマの子会社化に踏み切ったと説明しました。

 

更に、今後の競合企業について「ネット通販大手」と説明しました。

伊藤忠は消費者に近い生活消費分野が生命線で、倉庫など卸機能や店舗への商流を築いてきましたが、アマゾンなどは一足飛びに消費者へつながり、浸透のスピードは速く、結果、伊藤忠商事の存在意義が揺さぶられるとの強い危機感を持っているとのことです。

 

「会社をどう変えていくか」。

総合商社は時代に合わせて経営のあり方を変えてきましたが、何もしなければ、冬の時代が訪れるとして、スピード感を持った対応が求められているとしています。日本を代表する企業も大きく舵を切ろうとしています。保険代理店も保険業界も「変化」しないといけないですよね。

 

保険も今はネットでチェックして保険ショップに行くという構図が出来上がっています。お客様自身が保険商品をネットで調べ、自分自身の保険商品理解が正しいかどうかの確認で保険ショップ等に行き相談し、その上でネット加入できる保険商品はネットで加入するという「ネットtoリアルtoネット」の構図となっています。

ネットが拡大すればするほどリアルの存在価値が高まります。人は寂しいので人とのコミュニケーションを取りたがっています。必ず「リアル」が必要です。しかし、如何に「リアル」の存在に気付いてもらうか?ここがポイントになります。

 

保険ショップを商業施設に出すには莫大なコストがかかります。

コストをかけずにリアルな場を作るには、調剤薬局に出店している「みんなの健康ラウンジ」を活用するのが一番です。一番お金を持っていて数も多いシニアを会う場所は何処かと言われると答えは「病院」と「調剤薬局」と言われています。しかも、調剤薬局は全国に58,000店以上あります。

 

ネットが拡大するなか相談できる「リアル」な場所として、調剤薬局に保険代理店が「みんなの健康ラウンジ」を出店していくことが今、求められているのです。

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.