|

来店型保険ショップの集客について② (1/2)|営業構造|只野 充明

営業構造|只野 充明

営業構造

Check

来店型保険ショップの集客について②

初回投稿からずいぶんと時間が空いてしまいました。
久々の掲載です。お許し下さい。

少しでも皆さんのお役に立つ情報があればうれしいです。

さて、前回は保険ショップの集客に欠かせない4つのポイント

・店舗つくり
・人つくり
・応援団つくり
・イベント

のうちの店舗つくりについて記載しましたが、今回は、もっとも重要な人つくりについて考えて見たいと思います。

知識をつける。これは当たり前のことです。FP資格、クロージング力と連動していませんが、保険を扱う以上、とるのが当たり前と思ってください。お客様は高い買い物をされます。それは売り手にかかってきます。責任重大です。万一の場合に保障がおりなかった、不足していた・・・悲劇です。

ですので知識、見識を高めることは当たり前のこととしてここでは、ちょっと違う視点で見ていきます。

7-8年前でしょうか、保険ショップを立ち上げる際、グループ会社に調査会社がありましたのでいろいろと調査を致しました。その中にこんな質問がありました。

保険ショップで相談するとしたら男性?女性?それから年代は幾つぐらいの方が良いですか?
保険ショップのターゲットする20代~50代の女性を対象に行いました。
みなさん、どの回答が多かったと思いますか?

私の年代はびりでした。
一番は30代女性、次に40代女性、20代女性、20代男性、30代男性、40代男性だったと記憶しています。(1番とびりは確かです)

40代男性が人気のない理由は・・・口がうまく、言いくるめられてしまいそう。
納得してしまいますね。しゃべりすぎに用心です。

人気があるのは同年代、もしくは年上、その理由は同じ境遇、経験をしている。話に共感してもらえる。
同じ目線で会話ができること。専門知識を上段からかぶせてくる・・こんな雰囲気では×のようです。

難しい言葉ではなく、聞き手にとってわかりや言葉で聞き手のレベルに合わせて話ができるということなのでしょう。
優秀なお子さんは別として、普通の子供には、有名大学現役合格した家庭教師より、そんな良い大学でなくても苦労して合格した学生の方が良いというのと同じです。名選手、必ずしも名監督に非ずです。

もちろん、30代、40代で素晴らしい男性の方は大勢いらっしゃいます。
ちなみにうちのショップには3名の男性がおりますが

①40代に見える30代の男性
②30代にみえる30代の男性
③20代にみえる20代の男性

新規面談ランキングはデータの通り③②①の順です。
ここは確率の世界です。来店数を増やしたいのなら、初回の面談はだれが行うのかはあきらかに30代の女性が一番ということになります。

清潔、身だしなみがきちんとしているこれは言うまでもありません。
そして何よりも笑顔の素敵な方。表情の豊かな方。

道をたずねる時、感じの良い方を選びませんか?
写真のシャッターを頼む時。怖い方、無愛想な方にはたのみません。
笑顔の素敵な方=話しかけやすい方です。

ショッピングセンター内のショップの場合多くがオープンスペースで常にお客様からみられています。
こわいですね。
芸能人と同じです。常にわれわれは見られているのです。

仕事です。意識しなければいけません。常にお客様は様子をみており、ここならと思って訪ねてきていただいているのです。この様子見に期間、ここがショップメンバーの腕の見せ所です。
やらなければいけないことをたくさんあげると実行困難なので絶対できる1つとやってはいけないことをあげます。

1 2
関連キーワード:
生命保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.