|

逓増定期保険の名義変更プラン(MHP)について〜最終回〜|企業保険ワンポイントアドバイス|奥田雅也

企業保険ワンポイントアドバイス|奥田雅也

企業保険ワンポイントアドバイス

Check

逓増定期保険の名義変更プラン(MHP)について〜最終回〜

その1その2その3に引き続きまして逓増定期保険の名義変更プラン(以下、MHP)詳しく解説をいたします。


経営者は相当なリスクを背負って事業を経営しています。事業上において資金繰り難になれば自らの預貯金を投入するばかりでなく、個人所有の不動産を担保に入れて資金調達を行います。さらには連帯保証債務という最大の荷物を背負っています。

だから経営者は資金を持っていなければなりません。いつでも自由に使えるまとまった資金があっても、経営者は安心する事は出来ないでしょう。

ですが資金がないよりはある方が良いに決まっています。ただ役員報酬で個人へ支払うと最大で55%引きとなり、手元には半分弱しか残りません。

さらに次世代へ事業承継をする際、相続・贈与を行っても最大で50%の課税がされるために法人の利益は半分の半分となり、25%しか後継者に残す事が出来ません。

この事がMHPを導入する最大の目的の1つだと私は思います。

さらに逓増定期保険という商品を活用するために、死亡保険金という保障が付く点も私は見逃せないと思っています。事実、名義変更目的で加入した逓増定期保険の死亡保険金請求を行ったケースがありました。

この時に、保険金額が低いGHTにはない魅力がMHPにはあると私は思いました。

ちなみに私は、お客様の法人数社で役員に就任しています。そのために、MHPに関する税務調査に立ち会った経験もあります。詳細な説明のために所轄税務署へ行って説明をした事もあります。

この他にも保険契約をされているお客様に税務調査が入り、名義変更に対して指摘をされた事例も沢山あります。ですが1件も否認をされていません。

これは私が相当な覚悟を持って提案し、経営者もその覚悟に応じて覚悟を決めて頂いたからではないかと勝手に自負しております。もちろん提案した経営者の中には、覚悟が至らずに成約にならなかった事例も山の様にあります。

ですが、私は契約に至らなくて良かったと考えています。単に手数料欲しさで、もう少し優しい事を言えば幾らでも逓増定期の契約が取れたでしょう。

ただ、安易な気持ちで加入して最後に困るのは税務調査に対応するお客様です。その事を考えれば、しっかりと説明をした上で加入しないという意思決定をして頂いたお客様のご判断は素晴らしいと私は思っています。

最後にMHPについて整理します。

MHPは非常に高度なリスク管理が必要です。

まず検討しなければならないのが「名義変更の経済的合理性の確認」です。法人から個人へ名義変更をする理由に正当性があるかどうか?は一番大切なテーマです。

次に個人へ名義変更した後の取扱についてです。

解約返戻金が増えた時点ですぐに解約→現金化をするのか、それとも払済終身にするのかどうか?です。この点については、保険会社の健全性と永続性も視野に入れておかなければ非常に怖い点になります。

次に確認をしておかなければならないのが、税務調査時の対応についてです。顧問税理士は税務調査に長けているか?税務調査時に顧問先を全力で守ってくれる税理士かどうか?を確認し、調査対応に不安があれば顧問税理士を変更するか、セカンドオピニオンとして別の税理士を手配する必要があります。

最後は、保険営業パーソンの事業継続性です。契約から名義変更、そして個人で解約しその後に調査が入る事を想定すれば10年間程度、ずっとフォロー出来るかどうか?という点です。

売りっぱなしで逃げるのは絶対に止めて下さい。そういう心ない保険営業パーソンがこの業界の地位をおとしめてきた歴史をご存知だと思います。

たとえ保険営業の仕事を離れても、何かあればお客様のところへ駆けつけるくらいの気持ちを持って対応して頂きたいと思います。なぜならそれだけの対応に値する販売手数料を頂いているのですから・・・・

このMHPが正しく使われて、1人でも多くの経営者のお役に立って頂く事を心から願っております。
 

関連キーワード:
生命保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.