|

講師力のススメ。|わかる・できる・おもしろい|古俣 一都

わかる・できる・おもしろい|古俣 一都

わかる・できる・おもしろい

Check

講師力のススメ。

イメージ画像です

今日は「講師力」についてです。

 私が研修やセミナーの講師をするようになったのは10年~ほど前です。
⇒写真は2004年あたりです

保険会社の教育担当になったのがきっかけでしたが、その頃はまだその職務の重さや

技術についてさほど考えもせず、業務のひとつとして「こなす」という感覚でした。

 

それが、そんなじゃダメじゃん!と気づかされた出会いがあります。

 

2002年、会社が外資系にかわり 新しい上司が外資系他社から来ました。

 

AVPであり、また自分の直属上司として登場したのですが、

彼が繰り広げるプレゼンや講義に あっけにとられたのを覚えています。

 

オープンマインドで、飛びっきりの笑顔で、ぐっと心をひきつける伝え方。

あっという間に時間が過ぎていきました。

 

そして聞き終わったあとは「自分にも何かできるかも!」というような

未来へのワクワク感がわいてくる。

 

な、なんだ、これは?(>_<)

 

 

そこでやっと気づいたのですね、講師の仕事を甘く簡単に見ていたこと。

 

人前で話すことなんか、慣れてるから平気、自分はうまくやれていると、

根拠もなく思っていた自分。

 

ひゃー恥ずかしい。

 

 

彼からは

「人にモノを伝える」という仕事は技術で、基本はきちんと身に付ける必要があること。

聴いている相手が、自分のゴールを見つけるための手助けになるように、

伝え方をいつも考えること。

 

己の役割でそれを伝えるにすぎないのだから、講師と受講生に上下はないこと。

その上で訓練は永遠に継続していく必要があること。

 

それはたくさんのことを教えてもらいました。

この後、彼の門下生となりトレーニングを受けていくことになるのですが

 

立ち位置、立ち方、手の置く場所、手の使い方、持ち方、身体を動かす速度、歩行の導線、目線の送り方、まばたき。

 

これは話す以前の基本。

 

声の出し方、速さ、間の取り方、センテンスの短さ、わかりやすい単語。

問いかけの方法、伝えるマップ。

 

これらは受講生の年齢層、性別、職務、モチベーションなどによってすべて変わります。

 

同じスキルを使えばよい、というわけではないんですよね。

 

伝えることは技術と心です。

 

聴いている方々が、

まず理解できて、

気が付いて、

腹落ちして、

自分のことと捉えて、

自ら行動に移す。

 

そのためのサポートが講師の役割であり、講師力を常に磨くことは絶対です。

いかに、気付きが そこに起こるか。

伝える根底には講師としてのホスピタリティ。

 

専門の機関でトレーニングを受けることもいいのですが

まずは自分の話し方を録画して、「いいところ」「見直したらもっとよくなるところ」の

両方意見をもらってビデオを見直す→意識して伝えてみる・・・

を、繰り返すことから始めるといいと思います。

 お金はかかりませんし。

 

自分を知ることが、講師力アップの第一歩。

 (今も講義のたびに録画は続けています。その度に恥ずかしくなったり、ニンマリしたりw)

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
自動車保険  
火災保険  
医療保険  
介護保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2018 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.