|

保険ビジネス成功支援事業に思う事|保険ビジネスにおける期待と限界|笠原 慎也

保険ビジネスにおける期待と限界|笠原 慎也

保険ビジネスにおける期待と限界

Check

保険ビジネス成功支援事業に思う事

現在のわたしは、自身の営業活動よりもセミナーやDVD などのコンテンツを通じた営業職員の方々に向けた“保険ビジネス成功支援”が仕事の中心となっています。

わたしのプロデュースしているコンテンツの特長は、トップセールスが自分のノウハウを一方的に語る…といったありがちなものではなく、トップセールスのトークにわたしがポイントごとに解説を入れるというスタイルにあります。

その理由をひと言でいえば、「分かる」と「できる」の間には大きな差があるからです。すばらしいトップセールスの話を聞いて「分かった」と思っても、それを「できる」こととは大きく違います。その2つの間を登っていく階段の役目をするのが、わたしの解説なのです。

また、優秀な成績を上げたマネージャーのおちいりがちな失敗に、自分の成功事例を押しつけるというものがあります。「こうすればいいんだ」と伝えて「はい、分かりました」と返事を貰っても、営業職員には実践できません。

つまり優秀なマネージャーにとってはできて当たり前のことも、営業職員はなぜ自分ができないのかが分からず「あの人だからできるんだ」と逃げてしまうのです。

わたしのミッションは、その解説で「分からない」というモヤモヤしたものを見えるようにする、脳科学・心理学的見地から可視化していき、今日からすぐに“できる”というところに、階段を渡してあげたいわけです。

わたしのモットーは「頑張らないで、気づくだけ」。人の行かない場所、気づかない場所へ行く「楽笑マーケティング」です。もちろんどんなマーケットでも、最初からオイシイということはありません。

宗教法人マーケットにしても、わたしと同じセミナーを受講してやってみたけれど、駄目だったのであきらめてしまったという人がいました。

わたしにしても最初のころ、「お寺にお金の話を持ち込んだ」と2時間もお説教された経験もあります。最初は情報収集のつもりで人に会い、ロープレのつもりで話を聴かせていただき、また聞いてもらえばいいのです。何度かの失敗であきらめず、やり続けることが大事なのはいうまでもありません。

わたしが保険営業マンへメッセージとしてお伝えしたいのは「向かう方向を変えなければ、必ずたどり着く」ということ。

自分が“なりたい”と思う姿、それはシンプルでよいのですが、それをブレない軸として持ち続ければ、必ずゴールにたどり着きます。自分がどうなりたいのか、自分の“あり方”を持たずに“やり方”(スキルやトーク)ばかりを学んでもダメだと思います。

わたしの今の目標は、保険ビジネス成功支援によってひとりでも多くの人が、この仕事で輝けるフィールドを創ること。現在のホロスプランニングに参画したのも、生命保険を売るためではなく、多くの営業職員の成功支援を目指すという理念に共感したからです。

成功支援業という場には、競合もライバルもありません。生命保険業界全体の向上、生命保険にかかわる人すべてを幸福にし、さらにそれがお客さまの幸福にもつながるのです。

その具体策のひとつとして、弊社では現在、お客さまのライフイベントのタイミング毎にオートマチックで顧客コンタクトするライフプランフォローシステム(L-club)を構築中です。保全と新規契約の両立というジレンマは、生保営業にとって宿命のようなものです。

そんな中でお客さまの人生に真に寄り添った「高質な接触」と「個別対応」する能動的保全を自動的に実現するものとして、この価値の構築にわたし自身も大きな期待を持って臨んでいます。

 

関連リンク http://l-club.jp/

関連キーワード:
生命保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.