|

フタマタ?|イーカルボナリコラム|人見 輝也

イーカルボナリコラム|人見 輝也

イーカルボナリコラム

Check

フタマタ?

ある程度の年齢の方なら、二股ソケットの発明が今日のパナソニック
 (松下電器)を創ったことを知らないことはないと思う。
 それとは関係なく今回は、受診の二股「セカンドオピニオン」のお話。

 現在受診している病院以外に受診することに対して、何となく後ろめたい
 気持ちを持つのは、皆さん経験のあることだと思う。
 ましてや、昨今、日本は二股三股等、浮気者にやけに厳しい。

 受診のこととは全く関係がないにもかかわらず、ドライに割り切れないのが、
 私達らしいのかもしれない。

 せっかくの信頼関係を崩したくない、裏切り者と呼ばれたくない、
 浮気者の汚名を受けたくない、面倒くさい、どうせ同じだろう、等々。
 紹介状をもらうのにも時間がかかる。以前、「俺が信用できないのか!」
 と怒鳴った医師がいたと聞いたことがある。

 セカンドオピニオンを受けるまでの障壁は多々発生する。主に心理的な
 要因が多いようだが。
 現に、病院では「セカンドオピニオン外来」を設けるなど、むしろ推奨
 している感もあるにかかわらずだ。

 最近身近でセカンドオピニオンに関しての経験をしたのでご紹介したい。

 私の知人は、30年来関節の痛みで悩んでおり、この5年ほどは手術を
 勧められていた。
 この間いろいろ情報を集めては、何回か手術の予約をするに至ったが、
 直前で運動療法などに出会い、中止をしてきた。

 しかし最近、そのような対症療法では限界が来て、いよいよ手術を受ける
 最終決断をし、予定をフィックスした。
 リハビリを含めて3週間の入院予定だ。まず、左を手術、退院して半年
 経過後、右を手術し、また3週間の入院予定だ。

 知人は主婦で仕事も持っている。合計6週間の不在は、家族にとっても
 大きな負担だ。

 そこに、新たなる病院情報が。
 にわかには信じられない情報だった。
 ある専門病院では、左右同時に施術し、しかも6日で退院だという。
 6週間が6日になると?6週間が5週間になら、まだしも。

 しかし…
 治療費が高いのだろう
 なかなか受診できないのだろう
 他の病院で受診していたら断りの理由になるだろう
 やっぱり6日は特別の例だろう
 ちょっと遠いから…
 やはり、嘘だろう…
 なんて言葉が脳裏によぎったと言う。

 相談を受けた私は背中を押した。
 意を決した知人は、取りあえず受診に行った。

 全て杞憂だった。
 全て事実だった。
 左右同時手術の経験者にもその場で複数回、経験談を聞いた。
 間違いなかった。

 セカンドオピニオン、やはりやってみるものだ。

 そういえば、今から数年前「切らずに治すがん治療」重粒子線治療に
 どれだけの人が眉毛に唾をつけまくったか。

 医療情報に精通したり、科学的根拠に基づいた医療情報にたどり着く
 すべを知っていることで、わたしたちの価値は上がる。
 治療方法の選択肢を広げるお手伝いも、私たちの役目であろう。

 病院選び・セカンドオピニオンにおけるフタマタは、躊躇することは
 ないようだ。
 最近の私の個人的経験に基づくお話でした。


 ところで皆さん、「患者申し出療養制度」をご存知か??
 2月24日NHKクロゲンの話題です。
 http://goo.gl/GGH6tV
 (Google url shortenerにてURLを短縮しています。)

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.