|

様々な『子育て保険アドバイザー』|イーカルボナリコラム|人見 輝也

イーカルボナリコラム|人見 輝也

イーカルボナリコラム

Check

様々な『子育て保険アドバイザー』

先週は、東京、大阪で「子育て保険アドバイザー」全国会 勉強会を
 開催しました。
 「子育て保険アドバイザー」がスタートして10ヶ月あまり、全国で
 様々な方が、様々なきっかけでこの資格を取られて、様々な活動を
 されています。
 その一端に触れることが出来た、先週のイベントでした。

 印象に残った方々をお伝えしますと、

 50代男性。MDRT終身会員だそうです。恰幅の良い、見るからに
 優しそうな紳士。
 しかし、「子育て保険アドバイザー」の資格をあえて必要としている人
 には見えません。
 日々、中小企業の社長を相手に、ゴルフでもしながら企業保険の話を
 されているようなシーンを想像させるイメージの方です。

 なぜ、この方が「子育て保険アドバイザー」に興味を持ち、資格を
 取られたか??
 話を伺ってみました。

 答えは、お子さんが「0歳」なんですって。
 20歳年下の奥様と暮らされていて、子育て真っ最中。
 「子育て保険アドバイザー」の勉強のおかげで、奥様の気持ちも
 子育ても、その世代のお客様の事も、よーく理解できて夫婦円満、
 仕事の幅もますます広がっている、とのことでした。
 全く、人は伺ってみなければ解らないものですな。

 40代男性。残念ながら奥様に先立たれて、子育てをしながら仕事を
 されている、いわば「シングルファーザー」。
 主婦の仕事の大変さを身にしみて理解され、また、それを仕事に活かし
 「子育て世代の応援」ができたらと、日々奮闘されているそうです。
 本当に頭が下がります。
 全く、人は伺ってみなければわからないものです。

 40代女性たち。シングルマザーで、3人のお子さんたちの子育て中。
 「人生、たいがいのことを経験した」と断言され、それだからこそ、
 「子育て世代の良きアドバイザーでいたい」とおっしゃる逞しい方たち。
 「子育て保険アドバイザー」のバッチを常に胸に着用し、ママサークル、
 PTAで皆から「子育て保険アドバイザー」の資格について話しかけられる
 そうです。十二分に資格を活かしています。

 60代男性、ショップ経営者。ご自身の「加齢」と、「取り扱い商品が
 がん保険中心」のため、滅多に若い子育て世代と接点を持つことが
 できなかったそうです。
 「子育て保険アドバイザー」の資格取得後は、「若年層との接点が増えた」
 とのこと。

 顧客層の高齢化問題は、代理店経営のひとつの大きな問題です。
 そういえば、高名な代理店経営コンサルタントが、「『子育て保険
 アドバイザー』の資格有効利用が、顧客層の若年化への解決策だ」と
 指摘されたのを、改めて思い出しました。

 この方は、「子育てサロン」のようなものをショップに併設されることを
 思いつかれました。
 やがて、彼のショップは子育て世代の若い熱気に包まれることでしょう。

 30代男性。とある県のPTAの会長をされていて、また、ご自身の市役所
 勤務経験などをフルに活かせるのが「子育て保険アドバイザー」だ、と
 断言されています。
 今回の自治体の子育てページ「ママフレ」への掲載開始も、「自治体と
 共働できる絶好のチャンス」と捉えていらっしゃいます。
 また、ご自身のオフィスも子育てサロンの中に、といった、至れり
 尽くせりの環境を整えて、実力を発揮されていらっしゃいます。

 今回ご紹介したのは、ごく一部の方かもしれません。
 このように、今や全国で、使命感に燃える「子育て保険アドバイザー」
 の方々が様々な工夫を凝らし、知恵を絞って、「子育て保険アドバイ
 ザー」の資格を通じて社会貢献をされようとしています。

 「子育て保険アドバイザー」の活躍が、子育て世代の良き相談役に。
 そしてそれが、「安心して子育てのできる環境づくり」となり、国民的
 課題である「少子問題」が解決する。

 果たしてそれは、夢物語でしょうか。
 

次の記事

成長痛

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.