|

進歩、文化、文明|イーカルボナリコラム|人見 輝也

イーカルボナリコラム|人見 輝也

イーカルボナリコラム

Check

進歩、文化、文明

 親子三人で、ジーッとある黒い物体を見つめていた。
 時は、昭和の30年代。

 やがて、約束どおりの時間に、その物体が振動を始める。
 緊張の瞬間。
 「ジリジリ」とも聞こえるし、「リーンリーン」とも聞こえる。

 「もしもし。人見でございます。」

 「ゴザイマス」もないもんだ。
 相手は、一足早く電話に加入した、電車で二駅の母方の祖母だ。
 これは、「市内通話」だ。多分10円だった。

 こうして私の電話体験は始まった。

 父の実家は、栃木県・那須温泉だった。東京から150kmぐらいだろうか。
 こことの通話は大変だった。
 何せ、その頃の那須の電話機はダイヤルがなく、手回し式でクランクが
 付いており、交換手が操作していた。
 (若い人は、何の話だか、もうついて来られないかな?)

 これを、特別に「長距離電話」と呼んだ。
 それを架けるには、
 1.まず、長距離電話を電話局に申し込む。
 2.何時ぐらいに繋がるか確認する。
 3.いったん、電話を切る。
 4.電話が鳴るのをひたすら待つ。おまけに、繋がったら会話は極力短め
   にし(料金が高いため)、大きな声で話す。(聞こえにくいから)

 こんなプロセスが必要だった。
 その後50年余りの年月を経て、プッシュホン、携帯、スマホと進化してきた。

 先週末、東南アジアの、とある王国にいた。

 文明の進化は、一定のプロセスを踏むものと思っていた。
 例えば、中国で目撃したように、自転車がバイクになり、バイクが自動車に
 なっていくように。
 だから、この国では、電話はまだプッシュホンが主流ぐらいとしか思って
 いなかった。

 豈図らんや、街を行き交うほとんどの人が、スマホを手にしていた。
 (私はまだガラケー)
 文明は、国境を超えるとプロセスも吹っ飛ばす。
 車のラッシュ、バイクの洪水、そしてスマホの普及、屋台店と高層ビルの
 乱立共存。
 すべての文明が同時に流れ込んだ、エネルギーに溢れる青年期の国だった。

 先月、突然、若き友人がベトナムへ移住したと聞いた。
 転勤ではなく、現地の日本法人に就職したと聞いて二度びっくり。
 時を同じくして、友人の女性経営者が、今年一杯で日本の会社を整理して、
 マレーシアで新たにビジネスを立ち上げる決意を聞かされた。

 少子高齢化、人口減少による市場のシュリンク。
 コンプライアンスによる息苦しさ不況などが原因か。

 みんな日本を捨ててどこへ行く。(アベノミクスも東京五輪もあるよ~)

 まぁ、昔っから「青年は荒野をめざす」ものか…。
 しかし、その時代は、上記の問題はなかったはず。

 コミニュケーションツールの発達とともに、人はコミニュケーションが
 苦手になったと聞く。

 文明の進んだ果ての、この孤独と閉塞感。

 幸せのためならば日本を捨てる事もありかな…

 でも、温水洗浄便座は捨てられないな~
 

関連キーワード:
生命保険  
損害保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.