|

重粒子線がん治療|イーカルボナリコラム|人見 輝也

イーカルボナリコラム|人見 輝也

イーカルボナリコラム

Check

重粒子線がん治療

私が、重粒子線がん治療の話をきちんと聞いたのは、もう5年も前のことになるだろうか 。 その装置が千葉県稲毛にあることを知った時、頭に飛来したのは、ソニー生命元会長の大蔵さんを見舞った日のことだった。もう14~15年前の夏だったような気がする。 実はこの時が、重粒子線治療施設と出合った最初の日だったと、後で知ることになる。

大蔵さんは、その名の通り大蔵省からソニーに来られた方で、東京大学から出征され、終戦時は特殊潜行艇乗りで奇跡的に生き延びた経験をお持ちの、スマートかつ特攻隊あがりらしい豪放磊落(ごうほうらいらく)な方だった。 私がソニー生命で仙台の支社長をしていた時代、松島湾をモーターボートでご案内した時にこんなことをおっしゃって、私の度胆を抜いたものであった。 「イヤー、若い頃、呉の軍港で上官を戦艦大和までボートで送って行ったことを思い出すな~」

そんな大蔵さんから、六本木のステーキハウスにご招待を受けたことがあった。 私のほかに招待された者が二人いた。一人は現ソニー生命会長のOさん、そしてもう一人は、前関連会社社長のAさんだった。 ご招待の理由は、三人とも人事で貧乏くじ(笑い)を引いたので、「励まし」と言うことだった。 Oさんは海外プロジェクトを、私たち二人は代理店プロジェクトの先達を命じられた時だった 。 社長が命じ会長がフォローする粋な計らいだった。

そんな大蔵さんとの最期の別れが、千葉の稲毛の現重粒子医科学センター病院の玄関だった。私の見舞いに、わざわざお見送りいただいたのだった 。 なんで夏のような気がするか。今でも、その玄関口で大蔵さんがパジャマの襟を開いて私に見せた、首の周りの照射跡をハッキリ覚えているからである。あの薄着は暖かい日だったに違いない。 (大蔵さんが受けられていた治療が重粒子線か他の放射線によるものか確認しておりません、しかし特別な放射線治療を受けているとおっしゃっていたことは記憶にあります)

それから6~7年たった頃だろうか。ソニー生命を辞め、エジソン生命 、マニュライフ生命を経て大和生命に在籍の頃、25年前にソニー生命にリクルートしたY氏が、数々の営業記録を残し、 退職して末期がん患者のコンサルタントになったことが聞こえてきた。 さっそく彼と連絡をとり、セミナー講師をお願いした。 そこで、彼の人生を大きく変えた、重粒子線がん治療と、その開発のリーダー、平尾東大名誉教授との出会いを聞かされたのである。 その話によると、平尾先生はY氏に「死んでから役に立つよりも、(人を)死なせない方をやらないか?」と語りかけたそうだ。その言葉に触発されたY氏は、ソニーグループ全体に働きかけ、ソニーによる重粒子がん治療施設を品川に設置・開設するプロジェクトを立ち上げるまでに、ソニーを突き動かした。しかしながら、後にそのプロジェクトは成就することなく、Y氏はソニー生命を去った。

大蔵さんとの出来ごと、Y氏との再会…。 まるで何かに導かれるように、私は重粒子線がん治療に興味を持つようになったのであった。

さて…。 記憶を昔にさかのぼっていると、ちょっと横道にそれて、他の出会いのお話もしたくなってきました。 たとえばソニーの創始者の盛田昭夫さんについてとか…。

次の記事

盛田昭夫さん

access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.