|

コアファイター脱出せよ|ガンヲタ日記|ガンダーラ・ドム

ガンヲタ日記|ガンダーラ・ドム

ガンヲタ日記

Check

コアファイター脱出せよ

イメージ画像です

いよいよ手術です。この人生の一大事に脳裏にうかぶものは...マドンナの「Like A Virgin」のパロディでアル・ヤンコビックが歌った「Like A Surgeon」のPVでした( ̄▽ ̄;)カーリーヘアにヒゲのアル・ヤンコビックがチェーンソーや電動ドリルで患者を手術するというそら恐ろしい映像です。しかも調子っぱずれの歌声がリフレインしています「ライカァサージェンッ ヘェイ!」

本来なら手術の2日前から入院するのですが、私は手術前日の朝に入院しました。仮の病室に案内されたあと、病院の昼食をことわって魚河岸あたりにでかけました。お昼ごはんですが最期の晩餐になります。これまでサヨナラ胃袋キャンペーンと銘打って美味しいものを食べたおしてきた私もとうとう年貢の納めどきです。最期なんで魚河岸で高級海鮮丼を食しました。これが胃袋へのレクイエム、最期の手向けとなります。この時点では「あーこれからの人生はオカユ食って生きてくんだなぁ」と思ってます。食べ終わって病室に戻ると「エサをあげないでください!」的な表示がテーブルにのってました。これから絶飲絶食です。

もどって病棟をぶらぶら探検してみると、入院患者が話しかけてきます。「あんたはどこね?」「私は九州出身なんですよ(^^)」「いや、どこのガンね?」「あー、胃ガンです(^^;)」さすがガン専門病院、会話もガン専門です。でも、みんなガン患者というのは気が楽です。なんか妙な連帯感みたいなものが醸成されます。しかも俺はここに転移したとか自慢されます。みんな明るいです。

午後は医師の説明を聞きながら、山ほどの免責書類にサインをします。なんか殺す気マンマンのような気がしますが、昨今の医療過誤裁判ばやりではしょうがないのでしょう。私は胃と脾臓を全摘出するのですが、他に腹膜も取っていいかとスレッガー似の医師が尋ねてきました。なんでも腹膜を取った人と取らなかった人で5年後生存率がどう変わるか統計をとってるらしいのです。「協力いただけなくても手術には全力を尽くします、手を抜くことはありません」と真顔で言ってます。キシリア(家内)は猛反対しており、スレッガーにガンたれています。私は、なんかいい人になってしまい「こうして手術を受けれるのも先人たちの協力の賜物でしょう」とサッサとサインしてしまいました。もう矢でも鉄砲でも持ってこいって心境です。開き直ったおかげで夜はぐっすり眠れました。

朝、目が覚めたら、さぁ手術のはじまりです。手術開始は午前8時半で約3時間半の手術だそうです。手術室には車椅子で向かいます。家内と弟が手術室に向かうエレベーターまで見送ってくれましたが、明るくピースサインでお別れしました。今生の別れかも...いえいえ術後死亡0%をほこるガン専門病院です。意外と怖くありません。手術室に入ってもまだ好奇心のほうが勝っていて、「これが手術室かぁ、テレビと一緒だ」などとはしゃいでいます。しかしそれも麻酔をかけられるまでのこと、あっというまに意識はなくなりました。私は麻酔が効きやすいようです...とっても(^^;)

結局、手術は予定の倍以上の6時間半かかったようです。大手術です。原因は...内臓脂肪が多く切りにくかった(スレッガー医師談)だそうです。ただ、そこからが大変です。麻酔が効きすぎた私は、自発呼吸が停止してしまいました。あわてて気管挿入したらしく、刺歯が欠けました。おぼろげに覚えているのはオスカ似の医師が「息をしてください、深呼吸を...」と叫んでいたことです。しかも夕方6時過ぎまで9時間以上寝てました。家内たちは3時間半と聞いていたのが、いつまでも手術室から出てこないので心配したようです。そんなことおかまいなしで寝てました。

目が覚めるとHCUにいます。HCUってなんでしょう?High Care Unitの略で高度治療室です。ICU集中治療室よりすこしマシな感じです。手術後2日間はそこで過します。ビックリするくらいコードだらけです。①心電図、②点滴、③硬膜下麻酔の管、④尿管、⑤酸素吸入、⑥お腹の膿を出すドレイン管3本、⑦手に結ばれたナースコール、⑧足のマッサージ機、⑨耳にはウォークマン(^^)なんてね。

とりあえず生還いたしました!つづきはまたの講釈で...

 

コラム説明画像

(クリックで拡大します)

コラム説明画像

(クリックで拡大します)

関連キーワード:
生命保険  
医療保険  
access
保険
保険

とれまが保険は、一般社団法人日本ライフマイスター協会、一般社団法人保険健全化推進機構結心会、Insurance Service、三井住友海上、aflac、セコム損害保険株式会社、富士火災インシュアランスサービス株式会社、ひまわり生命、エース損害保険株式会社、HOLOS Planning、KABTO、アイアル少額短期保険株式会社の監修・記事提供を受けて運営されています。当サイトは閲覧者に対して、特定の金融商品を推奨するものではありません。当サイトに掲載されている情報は必ずしも完全なものではなく、正確性・安全性を保証するものではありません。当社は、当サイトにて配信される情報を用いて行う判断の一切について責任を負うものではありません。

一般社団法人 日本ライフマイスター協会 一般社団法人 保険健全化推進機構 結心会 Insurance Service

三井住友海上 aflac セコム損害保険株式会社 富士火災インシュアランスサービス株式会社

ひまわり生命 エース損害保険株式会社 HOLOS Planning KABTO アイアル小額短期保険株式会社

保険代理店 (485)

  •  生命保険

    生命保険(せいめいほけん)とは、人間の生命や傷病にかかわる損失を保障することを目的とする保険で、契約により、死亡などの所定の条件において保険者が受取人に保険金を支払うことを約束するもの。生保(せいほ)と略称される。

  •  がん保険

    がん保険(がんほけん)とは、日本における民間医療保険のうち、原則として癌のみを対象として保障を行うもの。癌と診断された場合や、癌により治療を受けた場合に給付金が支払われる商品が多い。保険業法上は第三分野保険に分類される。

  •  医療保険

    高額の医療費による貧困の予防や生活の安定などを目的としている。長期の入院や先端技術による治療などに伴う高額の医療費が、被保険者の直接負担となることを避けるために、被保険者の負担額の上限が定められたり、逆に保険金の支給額が膨らむことで保険者の財源が...

  •  年金保険

    年金保険(ねんきんほけん)とは、保険の仕組みを使い、保険料の拠出が前提となっている年金制度。主として私的年金のことを言うが、公的年金の仕組みを指すこともある。 先進国の公的年金はほとんどが保険料の拠出を前提とする制度を採用しており、財源を税のみで給...

  •  自動車保険

    自動車保険(じどうしゃほけん)とは、自動車の利用に伴って発生し得る損害を補償する損害保険であり、強制保険と任意保険とに分類される。農協や全労済などで取り扱うものは自動車共済と呼ばれる。

  •  損害保険

    損害保険(そんがいほけん、英: general insurance, non-life insurance 、仏: assurance de dommages)は、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称。略して損保(そんぽ)とも呼ばれる。

  •  火災保険

    火災保険(かさいほけん)は損害保険の一つで、建物や建物内に収容された物品(住宅内の家財用具、工場などの設備や商品の在庫など)の火災や風水害による損害を補填する保険である。

Copyright (C) 2006-2017 sitescope co.,ltd. All Rights Reserved.